あめつちや 〜骨董と日本酒と植物と〜

骨董 古いもの 庭 植物 日本酒をこよなく愛するブログです

朝参り

今日は息子の咳がひどいので、保育所をお休み。

 

娘を学校へ送った後、この間寄った神社へ朝参りしてきました。息子は初め車内のDVDが見たくて車から降りたがらなかったのですが、境内にあったブランコを見つけるとすぐに降りました。

 

空気が冷えてるせいかこの間よりも清々しかったです。紅葉もこの間より鮮やかになってる。

 

f:id:ametutsi:20181127134924j:imagef:id:ametutsi:20181127134935j:imagef:id:ametutsi:20181127134944j:image

 

f:id:ametutsi:20181127135144j:image

↑端っこに息子が…

 

あまり長居するとまだ咳が出てしまうので、お参りして早々に帰りました。

 

お昼は昨日作ったロールパンと余り物を食べました。息子、咳が出てるけど元気はあるのでいろいろ忙しいです(あれやれ、これやれ、と指示が細かい)

まあ、途中から普姉のシルバニアファミリーで遊んで静かになりましたが(普段は遊ばせてもらえない)

 

1時すぎにようやくお昼寝。

 

お昼寝しているすきに、娘が通っていた療育施設へ電話して気持ち程度の寄付の申し出を。旦那さんと相談して去年から始めました。

ここに通ってなかったら、わたしはもう精神的にズタボロだったので、せめてもの恩返しです。いやほんと、療育してなかったら精神的に折れてたな。

 

通ってた療育施設はモンテッソーリ教育をやっていたところで、そこでかなり娘は成長しました。なんちゃってモンテッソーリ教育じゃなくて、何気に本格的なモンテッソーリ教育です。もともとモンテッソーリ教育は障害児を対象にした教育法なんですが、いがいと日本でやってるとこって少ない気がする。園長先生は本を出したりトレーナーの資格も持ってます。

 

モンテッソーリ教育の療育を選んだというよりは、そこしか療育施設がなかったというのもあるのですが(笑)本でモンテッソーリ教育を知っていたのですが、まさか娘がその教育を受けることになるとは…。

 

流れとしてはシュタイナーの思想の保育園へ行き、そこで問題行動が勃発したのでモンテッソーリの療育施設へ行くわけなのですが…。シュタイナーの園も家から近いという理由で入らせたのがきっかけだったり。

 

シュタイナーの本もかじりモンテッソーリの本もかじって読んでたんで、この流れはなんか面白いなあと思います。

 

話は戻って、そんな感じで明後日寄付をしに行くことになりました。

 

今日は神社も行ったし、寄付もすることにしたし、いい感じで1日が終わるかな?と思ったら最後の最後で娘が崩れ(泣)

 

デイから帰ってきて車から降りると、なぜか家に入らない。庭のブランコで遊んだり水を出して砂遊びしたり(暗闇です…)

 

声かけしても応じず、寄ってきた弟を叩き、挙げ句の果てには奇声を発し_:(´ཀ`」 ∠):

 

弟は叩かれたので泣くし、娘を思わず強く叱ったらますます奇声が大きくなるし。

 

えーん!

泣きたい、叫びたいのはのはわたしだ!

 

なんとか家に入れるも今度はお風呂に入らない、入ったかと思うと出てこない…。鍵かけて騒ぐ。

 

お風呂から上がったら上がったで、なぜか攻撃が弟に。弟をかばうと唾を吐かれる。

 

唾を吐かれた時点で菩薩モード終了。

 

怒りました💢

 

外でも怒ったけどまだ優しく声かけする余裕はあった。

 

 LINEで旦那さんにヘルプするも仕事で帰ってこれないし。

 

あー、ほんとに泣きたくなりました…。

旦那さんが、早く帰ってきてくれたので娘は気持ちが切り替えられてなんとか落ち着きましたが、もう怒りはおさまりません。

 

最近夕方になると変なこだわりが出てきてる、と旦那さんに相談したところ、新しい薬の量が増えたからじゃないか?と。

 

たしかに、前に飲んでた薬は精神を落ち着かせる薬だった。発作が出たのでその薬をやめて、新しい薬を徐々に増やしようやく切り替えが終わったところだった。

 

新しい薬は人によってはイライラするとも言ってたし。仕方ない、こればかりは薬の影響だから仕方ない。

 

でも、この状態が続くのか。

心折れそうですが、なんとか乗り切ろうと思います。